男の人と女の人

女性育毛剤で髪の悩みにサヨナラ|自毛を取り戻して髪に自信をつける

新しい治療法にも注目

育毛サイクル

aga治療はプロペシアによって、大きな成果が出ましたが、男性のみの治療法であるなど問題点も挙げられます。現在話題となっている自毛植毛や、今後実用化が期待されるiPS細胞を使った毛髪再生医療は、性差がない、副作用がほとんどない治療法として、注目すべき治療法です。

女の人でも髪の悩みはある

鏡を見る女性

女性に起きる髪の悩みの原因は生活の中にあることが多いので、生活を見直すことで改善&対策ができます。また、髪に使用するものを頭皮に優しいものにすることも発毛には大切なので、シャンプー選びにも気を付けましょう。

育毛剤の男性と女性の相違

レディー

男性用と女性用の違い

育毛剤については、男性の方と女性の方によって、頭部の肌の質の相違からその特性に違いがあることが事実になります。 一般的に考えて、女性育毛剤の大きな特性として、無添加の育毛剤が多いといえます。あらためていうまでもなく、 女の方は素肌がデリケートな人が多く、表皮が薄い方になると一年を通して肌の荒れに悩んでいる人も、多いといえます。こうした経緯があって、女性育毛剤には、刺激の強力な添加剤が、それほど含まれていない育毛剤が中心となっています。加えて頭部の肌のみならず、髪においてもこだわりを持っている育毛剤が数多くあり、髪の保湿する効果やツヤを加える美容液としても、女性育毛剤は役割を担ってくれています。

育毛剤の成分に要注意

その反対に男性用育毛剤につきましては、女性育毛剤と比べて当然素肌に与える作用が大きいものが多く、明白な相違が見られるようです。ただし、女性用男性用いずれが効果があるとか、そういうような相違点は、特にございませんから、ご自身の肌の周辺環境に最も適した育毛剤を選考することが賢明でしょう。 あと、妊娠している女性のケースでは、男性育毛剤を活用すると、生誕する子供に異常が現れたというケースが見られます。そういった成分のある育毛剤は、女性は必ず活用しないことに注意しましょう。加えて、現時点で妊娠中というケースだけではなく、近いうちに子供を作る場合にも回避したほうが安心できますので、こうした点について意識しておきましょう。

発毛治療は大阪で受けよう

櫛と育毛剤

植毛は発毛効果が高い治療方法として注目されています。植毛する場合は、専門の知識を持った医師による手術が必要です。大阪近郊の方が植毛を受けるなら梅田周辺のクリニックがお勧めです。梅田周辺は交通の利便性が高く、専門クリニックが多いからです。